ダイエットとは、健康的な体を作ることだということを忘れずに。

ダイエットは長い目で見ることが大切。無理な食事制限をしない

一般的にも知られていることですが、効果的なダイエットに必要なことは、「適度な運動」「健康的な食生活」「無理をしない」という3点です。

 

 

そんなことは誰でも知っていると思われるかもしれませんが、意外とこの3点を実践できずに苦労している方は多いようです。例えば、運動が自分にとって適切ではないものだったり、無理な食事制限をしてしまって、結果的にダイエットに失敗したという方は少なくないでしょう。

 

痩せたいと思っている方にお伝えしたいことは、ダイエットという言葉をまずは本来の意味として捉えてもらいたいということです。ダイエットは痩せることがメインではありません。健康的な体を作るということなのです。痩せたいとばかり思ってしまうと、短期間に結果が出ない状況に焦るばかりですし、自分の忍耐力のなさに自信を失ってしまいかねません。そうすると、ストレスが溜って逆に太ってしまうことも考えられます。

 

ですから、健康的な体を作るということを意識することがまずは大切です。さて、実際に健康的な体を作るうえで、運動は欠かせません。特にランニングや水泳、ウォーキングといった有酸素運動は脂肪を燃焼してくれますのでお勧めです。なかでもウォーキングは、運動が苦手な方でも無理なく行えるので、一番気軽にできるでしょう。朝の30分でも良いですし、週末に定期的に行うのも良いでしょう。

 

できるだけ早歩きでリズミカルに歩くというのがポイントです。次に、食事に関してです。基本的なことですが、腹八分目を徹底しましょう。朝と昼はしっかり食べ、夜はおかずメインの食事にすると効果があります。さらに、野菜を多くとり、豆腐や納豆、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品を毎日食べる習慣をつけましょう。これによってお通じも良くなるので、結果的にダイエットにつながります。また、夜はなるべく9時以降にお菓子などを食べないことも重要です。ど

 

うしてもお腹が空いた時は、野菜スティックやヨーグルトなど、カロリーが少なく、胃腸に優しいものを食べるようにしてください。最後は、無理をしないということです。実はこれが一番大事です。食事を抜いたり、無理な運動をしたりすると、長く続けることができません。ダイエットを始めたばかりの頃は特に気をつけてください。急激な食事制限やハードな運動を行うことは、体が変化に対応しきれていない状態下ではストレス以外の何物でもありません。

 

ゆっくり長い目で見ることが大切です。繰り返しになりますが、痩せることを考えるのではなく、健康的な体を作るということをテーマに掲げて、無理のない運動と健康的な食生活を行っていけば、必ずダイエットは成功します。自分のペースで、焦らずに、時には楽しみながらダイエットを行っていきましょう。